スイミー
スイミー
スイミー
スイミー
スイミー

受講からデビューまでの流れと概要

1.現場で実際にプロの仕事を見学

 

知的・精神障がいのある人たちが将来、アロマハンドセラピストとして仕事をするためにまず必要なのは、まず五感を通してセラピストの仕事を知り、興味を感じることだとわたしたちは考えます。具体的には、施術に必要な準備、お客さまとのコミュニケーション、お金のやりとり、後片付けなどを、実際に講師の仕事ぶりを見学します。

 

 

2.実技レッスン

 

ハンドトリートメントの基本から応用まで、技術的スキルを身に付けます。練習を根気よく重ね、一つひとつ技術をマスターしていきます。なお、スキルをマスターするまでに要する時間や練習法については、受講生の特性や性格などによって、微妙に変わっていく可能性がありますのでご了承ください。

 

 

3.コミュニケーション力を伸ばす

 

スイミーのレッスンではすぐに結果を求めるのではなく、和やかな雰囲気とそこにいる人たちとの会話を楽しむことも含めた経緯を重視しています。何よりも、「楽しい」「アロマの仕事をしたい」「もっと上手になりたい」「活躍したい」という思いを自分自身のなかで育むことが、しっかりとした基盤をつくるからです。
そしてそれはデビュー後、いざという時に自分の力を発揮できたり、壁を乗り超えるための力につながると考えています。

ページの先頭へ

大倉山スイミー

ラベンダー 浄化

ゼラニウム 真実の友情

ネロリ 陶酔・愛への誘い

ローズマリー 思い出・記憶

ミント 美徳・効能

カモミール 逆境に耐える